トレード市場に出品されているカードを品評してみるその21

今回はレアリティLのカードばかりの品評です。

 

前回の記事はこちらのリンクから。

トレード市場に出品されているカードを品評してみるその20

 

 

※紹介しているカードと落札希望価格は2022年8月2日7時現在のものです。記事を読むタイミングによってはすでにトレードが終了している場合があるのでご注意ください。

 

 

スポンサーリンク

L曹丕・曹昂:落札希望価格56万5656TP

ブラウザ三国志のゲーム画面より引用

 

兵器・剣兵科武将の攻撃力852%上昇。

2コスなのに。

 

作るのに金掛かっているでしょうけど、完成度高くて惚れ惚れしちゃいます。

簡単に落札できる値段ではありませんが、欲しい人は欲しいかも。

 

 

 

L劉備・簡雍:落札希望価格12万TP

ブラウザ三国志のゲーム画面より引用

 

王鹵令カードではありませんが、今でもやりようによっては第一線で使えるようにできるカードですね。

療略令が付与しているのもポイント高いです。

 

ただし攻奪ないのでこのままだと永久機関になりません。

副将に攻奪持ちセットが必須。

 

またポイント振りも直した方が良いかも。

私だったら副将と役割分担させますね。

このカードは攻撃に極振りして、移速は副将にゆだねるとか。

 

改善点はありそうですが、値段的には十分お得かと。

 

 

 

 

L張紘さん:落札希望価格2323TP

ブラウザ三国志のゲーム画面より引用

 

今回の目玉ですね。

呉の治世と王佐の才のダブル即完カードです。

 

第1スキルの義勇軍もスキルレベル10にしてれば完璧でしたが、レアリティLでは100%以上短縮にはなりませんからね。

斧兵科の兵士使わないならそのままで良いかと。

 

出品価格2323TPですか。

桁が二つくらい少ないですけど、かなりハイレベルな入札合戦になりそうですね。

7時時点で入札14。

 

入札される方はお早めに。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました