SP防御自動発動(2020年11月5日開始)で実装されたカードのレビューまとめ

SP防御自動発動で実装された新カードのレビューまとめです。

 

ブラウザ三国志のプレー画面より引用

 

 

 

 

スポンサーリンク

ニューカードのレビューその219「SL董昭」

ブラウザ三国志のプレー画面より引用

 

SL4.5コストの加護帝聖壁持ちカード。

加護帝聖壁持ちとしては3枚目となりますね。

 

加護系スキルはセットした拠点以外の拠点にもそのスキル効果が及ぶスキルで、帝聖壁は加護系最強のスキル。

今回のSPの目玉と言ってもいいでしょう。

 

 

他の帝聖壁カードを使えばスキルの2枠目と3枠目に加護大聖壁と加護聖壁の付与が可能。

そしてすべてのスキルをスキルレベル10にすれば防御の係数は以下の通りになります。

 

  • 加護帝聖壁:防御力405%上昇
  • 加護大聖壁:防御力247.5%上昇
  • 加護聖壁:防御力175.5%上昇

 

合計で防御力828%上昇

 

 

 

 

ニューカードのレビューその220「L郝昭」

ブラウザ三国志のプレー画面より引用

 

4.5コストのLで初期スキルは加護大聖壁。

加護大聖壁持ちとしては4枚目のカードとなります。

 

普通に考えれば防御カードに育成するのがベスト。

その場合残りのスキル枠は加護聖壁、加護方壁にするのがお勧め(帝聖壁は付与できない野で)。

 

 

加護大聖壁、加護聖壁、加護方壁のスキル構成ですべてスキルレベル10にすれば防御力544.5%上昇となります。

 

 

 

 

ニューカードのレビューその221「UR兀突骨」

ブラウザ三国志のプレー画面より引用

 

4コスURの加護聖壁持ちです。

 

加護帝聖壁持ちカードを付与材料に使う勇気があるならば、聖壁、大聖壁、方壁というスキル構成も可能。

その場合すべてのスキルレベルを10にすれば防御力484%上昇となります

4コスとしては良い数字ですね。

あくまで加護帝聖壁カードを付与材料にする勇気があれば可能な数字ですけど。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました