SP剴切/低コストにラインナップされている雷光系持ちカードを副将にした場合の数値を比べてみた

2019年7月3日のメンテ明けから開始されたSP剴切/低コスト。

このSPには雷光系スキルを持ったカードが複数枚ラインナップされています。

 

そして低コストの雷光系スキル持ちカードは副将にするのにモッテコイ。

ただ副将にした場合どれくらいの数値が出るか気になりますよね。

 

今回は雷光持ちカードを副将にした場合どれくらいの数値になるか比較してみました。

 

ブラウザ三国志のヘルプより引用

 

副将時の数値は上の表を元にしております。

 

 

スポンサーリンク

L曹昂(剴切の雷光)

ブラ三のゲーム画面から引用

 

今回レアリティL唯一の雷光持ち。

剴切系なのでコストに関係なく係数が高いのが強みと言えるでしょう。

 

カードレベル400(移速極振り)、スキルレベル10の時の数値。

移速:475

スキル効果:武将の移動速度が372%上昇

 

 

副将としてセットした時の値

移速:332.5

スキル効果:260.4%上昇

 

 

UR馬雲緑(飛隠雷光)

 

UR唯一の雷光系だが、他の雷光系とちょっと違うタイプ。

係数も低め。

 

カードレベル400(移速極振り)、スキルレベル10の時の数値。

移速:425

スキル効果:全兵と武将の移動速度が19%上昇(移動速度と関係ない効果は略)

 

副将としてセットした時の値

移速:255

スキル効果:11.4%上昇

 

 

スポンサーリンク

SR関平(天里雷光)

 

髭の息子。

SRで移速17は立派な方です。

 

カードレベル400(移速極振り)、スキルレベル10の時の数値。

移速:425

スキル効果:武将の移動速度が168%上昇

 

副将としてセットした時の値

 

移速:127.5

スキル効果:84%上昇

 

SR曹仁(万里雷光)

 

今回唯一の1コス。

コストが影響して数字的にはちょっと寂しいかも。

ただし1コスなので副将解放したカードにすぐにセットできるのがメリットと言えます。

R張郃と同じくSP以外でも排出するので、引いても素直に喜べないかも。

 

カードレベル400(移速極振り)、スキルレベル10の時の数値。

移速:400

スキル効果:武将の移動速度が63.5%上昇

 

副将としてセットした時の値

移速:120

スキル効果:31.75%上昇

 

 

スポンサーリンク

R張郃(千里雷光)

 

小麗でも排出するので、今回のSPで引いてもあんまり嬉しくない。

また同じR曹洪にコストで勝っているが所持スキルの係数でスキル効果があんまり変わらない。

 

カードレベル400(移速極振り)、スキルレベル10の時の数値。

移速:400

スキル効果:武将の移動速度が98%上昇

 

副将としてセットした時の値

 

移速:80

スキル効果:39.2%上昇

 

R曹洪

 

SP以外では排出しないので、R張郃よりレア度が高いかも。

初期移速もコストこっちが低いにも関わらずR張郃と一緒の16というのは立派。

 

カードレベル400(移速極振り)、スキルレベル10の時の数値。

移速:400

スキル効果:武将の移動速度が95.25%上昇

 

副将としてセットした時の値

移速:80

スキル効果:38.1%上昇

 

 

スポンサーリンク

まとめ

レアリティとコストの差は残酷ですね。

移速がほぼ一緒でもレアリティやコストによって副将の係数が変わってしまい、大きな差となってしまいますから。

 

コストは仕方ないですが(副将スロットへのセットしやすさなどを考慮)、副将はできる限りレアリティの高いカードにしましょう。

もちろんコスパ的に見合えばの話ですけど。

 



カード比較
スポンサーリンク
ウランフをフォローする
ブラウザ三国志:古参プレイヤーの適当日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました