SP兵器(2022年11月24日開始)で実装されたニューカードのレビューまとめ

SP兵器で実装されたカードのレビューの記事となります。

 

ブラウザ三国志のゲーム画面より引用

 

新カードは全部で4種類。

すべて兵器に関わるスキル持ちとなっております。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ニューカードのレビューその493「SL魯粛・呂蒙」

ブラウザ三国志のゲーム画面より引用

 

おそらく今回の目玉。

兵器カードとしてはこのままでも十分実践投入できる係数。

 

仮に初期スキル2つをスキルレベル10にすれば拠点への攻撃力が1665%上昇となる。

さらに主将の帝明鏡を付与してすべてのスキルをレベル10にすれば拠点への攻撃力は2640%上昇に。

 

育てがいは十分あるカードかと。

 

 

ニューカードのレビューその494「SL凌統さん」

ブラウザ三国志のゲーム画面より引用

 

兵器帝烈攻持ちとしては2種類目のカード。

烈攻持ちは係数的にイマイチなカードが多いけど、さすがに帝烈攻ぐらいになると結構な係数となる。

兵器の大極攻よりは係数が高い。

 

残り2枠も兵器パッシブまたは主将の帝明鏡などを付与して兵器パッシブカードとして運用するのがベターかと。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ニューカードのレビューその495「UR陸遜・潘璋」

ブラウザ三国志のゲーム画面より引用

 

 

3コスUR。

兵器の大極攻+明鏡持ちと言えばこのカードを思い出します。

 

 

ブラウザ三国志のゲーム画面より引用

 

コストとレアリティを考慮するとL陸遜・孫桓の下位互換という位置づけなんでしょう。

 

 

 

 

ニューカードのレビューその496「SR文欽・毌丘倹」

ブラウザ三国志のゲーム画面より引用

 

4コスSRのダブルカード。

今回実装された中で唯一の呉以外のカード。

まあ、文欽は呉に亡命しているからこのカードも呉将カードと言えなくもない。

 

主将の大明鏡持ちはありがたいけど、肝心の第一スキルが烈攻というのがちょっと残念。

第一スキルはもうちょっと係数が高い兵器系パッシブであって欲しかったです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました