神医を付与する土台を選ぶ際に注意すべきこと

現在レベリング中の私。

既存のカードの底上げを図る一方で神医カードの量産を行っております。

 

神医カードとは、スキル「神医の術式」を付与したカードの総称。

保有するすべてのカードのHPを回復することができ、回復スキルの最高峰に位置すると言っても過言ではないでしょう。

そのためプレー歴が長いプレイヤーでも何枚も欲しがるのです。

 

さてそんな神医カード。

自分で作る場合注意する点があります。

それは土台となるカードのこと。

今回はそのお話です。

 

 

スポンサーリンク

神医カードの土台を選ぶ際に注意すること

神医カードの土台を選ぶ際の注意点は以下のものです。

 

  1. できる限り低コストカードを心がける
  2. できる限り安く大量に売っているものが望ましい
  3. 神医と同じようにコスト依存しないスキルとのダブル付与を考える

 

全部満たすことが望ましいですが、絶対ではありません。

個人的には2>3>1の順番で重視すべきだと考えます。

 

では一つずつ説明していきます。

 

1:低コストが望ましい理由

ブラ三のスキルはコスト依存するものが多いです。

コスト依存とはコストが高いカードほどスキルの効果も高くなるということ。

 

その一方今回のテーマである神医は数少ないコスト依存しないカードなのです。

そのため土台が1コスでも4.5コスでもスキルレベルが一緒ならば効果も一緒となります。

 

そして効果が一緒ならばコストが低い方がいいに決まっています。

デッキコストは決まっており、通常何枚かのカードをデッキに上げているはず。その合間を縫うようにHP回復カードをデッキに上げてスキルを発動させなければいけません。

 

神医カードのコストが低ければ低いだけ、他のカードを一旦ファイルに戻すようなことをしなくてもよくなりますのでコストが低いことは重要なのです。

 

 

2:安く大量に売っているものが望ましい理由

神医に限らずスキルはスキルレベルを上げてこそ、その効果を発揮します。

スキルレベル2や3では満足の行く効果は得られないのです。

 

そのためスキルレベルアップをする必要がありますが、数が十分にあるカードでなければレベルアップができません。

また高いカードだと市場にたくさん売っていても上げることが大変。

 

以上より安く大量に売っているものが望ましいです。

 

3:コスト依存しないスキルとのダブル付与が望ましい理由

ファイルの容量を増加できる課金者の方は別ですが、無課金者の方はファイルの容量増加はできません。

だからマックス250枚までしかカードは持てないのです。

そのためできる限り兼用できるカードは兼用させることに越したことはありません。

 

そして神医はコスト依存しないカード。

よって神医カードと兼用するならコスト依存しないカードを選ぶべきということです。

 

実際に多くのプレイヤーが神医の兼用スキルとして付与しているのが傾国。

討伐ゲージを回復させるカードで、討伐戦などでその効果を発揮します。

 

ただ神医と傾国のダブル付与をする場合、土台となるスキルの初期スキルが重要となります。

つまりそのスキルによってダブル付与ができない場合があるのです。

 

 

神医カードにお勧めの土台カードは?

土台を選ぶ際は神医や傾国の合成スキルから逆引きして考えましょう。

傾国か神医のどちらか一方の前提スキルが初期スキルになっている低コストで安いカードが選択肢となります。

 

では具体的にどのカードがお勧めなんでしょうか?

 

多くのプレイヤーが使っているのはこれらのカードだと思います。

 

ブラウザ三国志のゲーム画面より引用

 

最後のUC姜維はコスト的に問題がありますが、安いのが魅力です。

 

 

現在私が作っている神医カード

 

最後におまけで私が神医・傾国のダブルスキルカードを作る過程を載せてみます。

 

今回土台に選んだカードはR大喬。

値段はUCに比べて高いですが、1コスであり、神医と傾国のダブル付与ができるカード。

そのために需要が結構あるカードです。

昔は槍兵の極撃の付与材料として使われてましたが、最近はその用途で使う人減ったかも。

 

まずはカードレベルを修行合成で上げます。

 

 

レベリングする際1コスカードだとレベリングスキルの係数が高くないので被害が甚大。

もちろん全軍令カードが揃っていれば別ですが、私の全軍令カードは中途半端。

そのため1コスではレベリングせず、安い3コスカードにレベリングスキルを付与してレベリングしております。

 

 

次は神医の付与。

 

 

神医は別の前提スキルが必要なために傾国より先に付与しなければいけません。

仮に傾国付与してから神医を付与しようとしてもできませんので。

 

 

最後は傾国付与。

 

これでスキルの付与は終了。

神医・傾国のコスト依存しないダブルスキル持ちカード完成です。

 

 

まとめ

カード作りに絶対はありません。

自分が好きなように作るのが一番です。

 

でも効率を重視する方は是非神医カードの土台選びには細心の注意を払いましょう。

まあ、間違えたとしても残り1枠に仁君でも付与すれば、それはそれで役に立つと思います(仁君はコスト依存なので損した気分になるかもしれませんが)。

 

コメント

  1. 通りすがりF より:

    1,5コスUCにスコア盛って、オウゲンキから、傾国。傾国持ちから、神医を付けてます。成功率72%になので、ストレスが少ないです。素材は少し高いですが。

    • ウランフウランフ より:

      コメントありがとうございます。

      その方法もありですね。
      昔に比べると安くなっているので。
      ストレスないのはありがたいです。

タイトルとURLをコピーしました