ニューカードのレビューその379「SL夏侯淵・徐晃」

ブラウザ三国志のゲーム画面より引用

 

 

SP鋭兵【単騎】(2022年4月14日開始)で実装されたカード。

 

スタータスよりも副将9スロット分が初めから解放された状態で排出されたところにびっくりしました。

まあ、今回のSP鋭兵【単騎】限りの大盤振る舞いの可能性が高いですが、すぐに副将2枚セットできるのは嬉しいです。

 

初期スキルは上帝の貫攻と上帝の極意。

正直単騎カードだったら第1スキルは高係数の単騎スキルの方がありがたいのですが。

 

そうは言っても二つのスキルをスキルレベル10にすれば攻撃力2304%上昇、移速333%上昇となるようです。

 

スキルの3枠目は単騎系の通常スキル、例えば無双などを付与するのがオーソドックス。

また主将の帝明鏡付与して高速打撃カードにする手もありますが、Lの覇の実装がまもなくと思うので、Lの覇を確認してから付与してもいいかと。

コメント

  1. トリューニヒト より:

    おそらく単騎というより遠征用という位置付けかと。
    副将にSLの鏡持ちの職種武と鋭刺して、3つめのスキルに療略令、あるいは上帝の極意消して、療略令とパンダ買って天帝の貫攻つけて、育成はスピードにもいくらか振るようにすると、結構ゴリゴリ走れるカードになりそうです。

    錘でベースのスピードが遅いから私は狙いませんが。

タイトルとURLをコピーしました